Android

絶対に買うべき!用途別に賢く選ぶおすすめのスマホ7選

5
2015年9月30日に発表されたNTTdocomoの2015-2016冬春モデル。
ソニーモバイルコミュニケーションの人気シリーズのXperiaをはじめとして、各社の人気モデルの最新モデルが順次発売されました。
全13機種中スマホは10機種、タブレットとケータイ、モバイルルーターが各1種類となっており、スマホだけでも大変多くのラインナップがあります。
これからスマホの購入をしようとお考えの方はどのスマホを選んだら良いのか迷ってしまうかもしれませんね。
見た目や価格で決めるという方法もありますが、購入して使い始めてから使いにくさを感じたり、「他の機種のこの機能があったらよかったな」など思うようなことがあったりしてはもったいないので、購入する前に用途を良く把握しておき、用途にあったスマホ選びをすることが重要です。
ここでは用途別に、絶対に買うべきおすすめのスマホをまとめていますので、NTTdocomoのスマホの購入を検討している方は是非ここでのまとめを参考にしていただけたらと思います。

オールマイティに使いたい方におすすめのスマホXperia Z5

◇主なスペック

メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
サイズ: 約146mm×約72mm×約7.3mm
重さ: 154g
OS: Android5.1
CPU: 2.0GHz(クアッドコア)+1.5GHz(クアッドコア) オクタコア
メモリ(RAM): 3GB
メモリ(ROM): 32GB
外部メモリ: microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/200GB)
ディスプレイ: 約5.2インチトリルミナスディスプレイ for mobile
ディスプレイ解像度:フルHD:1080×1920
アウトカメラ: 約2300万画素 CMOS
インカメラ: 約510万画素 CMOS
バッテリー容量: 2900mAh

◇おすすめポイント

オクタコアCPUと3GBメモリを搭載しているため、ゲームなどもストレスなく遊ぶことができます。
また、2300万画素の高画質カメラを搭載しているため写真や動画の撮影も存分に楽しむことができるでしょう。
ハイレゾ再生にも対応できていることもあり、スマホ1台でいろいろやりたいという方にはおすすめのモデルです。

◇本体価格

93,312円(3,888円/月×24回)
Xperia Z5の詳細

動画閲覧におすすめのスマホ Xperia Z5 PREMIUM

◇主なスペック

メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
サイズ: 約154mm×約76mm×約7.8mm
重さ: 181g
OS: Android5.1
CPU: 2.0GHz(クアッドコア)+1.5GHz(クアッドコア) オクタコア
メモリ(RAM): 3GB
メモリ(ROM): 32GB
外部メモリ: microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/200GB)
ディスプレイ: 約5.5インチトリルミナスディスプレイ for mobile
ディスプレイ解像度:4K:2160×3840
アウトカメラ: 約2300万画素 CMOS
インカメラ: 約510万画素 CMOS
バッテリー容量: 3430mAh

◇おすすめポイント

旅行先で撮影した写真や動画を閲覧する際には、液晶画面のサイズが大きく高精細であるほど元の画質を損なわず楽しむことができます。
また、YouTubeなど動画を閲覧する場合でも液晶画面の大きさは重要になってきます。
Xperia Z5 PREMIUMの液晶画面のサイズは5.5インチと、スマホの中では大きくタブレットに迫るサイズとなるため、動画や写真の閲覧をする場合には最適なサイズと言えます。
動画をはじめとして電子書籍の利用もしたいという方にもおすすめです。

◇本体価格

93,312円(3,888円/月×24回)
Xperia Z5 PREMIUMの詳細

電車で片手操作したい方におすすめのスマホ Xperia Z5 Compact

◇主なスペック

メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
サイズ: 約127mm×約65mm×約8.9mm
重さ: 138g
OS: Android5.1
CPU: 2.0GHz(クアッドコア)+1.5GHz(クアッドコア) オクタコア
メモリ(RAM): 2GB
メモリ(ROM): 32GB
外部メモリ: microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/200GB)
ディスプレイ: 約4.6インチトリルミナスディスプレイ for mobile
ディスプレイ解像度:HD:720×1280
アウトカメラ: 約2300万画素 CMOS
インカメラ: 約510万画素 CMOS
バッテリー容量: 2700mAh

◇おすすめポイント

Xperia Z5と同等の性能を持っていますが、液晶画面のサイズを4.6インチに抑えることにより筐体そのもののサイズもコンパクトで軽量になっています。
画面の大きなスマホよりも片手で操作できるサイズ感にこだわる方には最適なモデルと言えるでしょう。

◇本体価格

84,888円(3,537円/月×24回)
Xperia Z5 Compactの詳細

通信速度にこだわる方におすすめのスマホ AQUOS ZETA SH-01H

◇主なスペック

メーカー:シャープ株式会社
サイズ: 約139mm×74mm×7.9mm
重さ: 151g
OS: Android5.1
CPU: 2.0GHz(クアッドコア)+1.5GHz(クアッドコア) オクタコア
メモリ(RAM): 3GB
メモリ(ROM): 32GB
外部メモリ: microSDXC(200GB)
ディスプレイ: 約5.3インチトIGZO
ディスプレイ解像度:フルHD:1080×1920
アウトカメラ: 約1310万画素 CMOS
インカメラ: 約800万画素 CMOS
バッテリー容量:3100mAh

◇おすすめポイント

これまで2GHzと1.5GHzの二つの周波数の帯域を束ねることで262.5Mbpsという高速通信を実現していたPREMIUM 4Gですが、これまでの2GHzと1.5GHzに加えて800MHzの帯域まで束ねることで300Mbpsもの高速通信が可能になりました。
現在発売されているスマホでは現状、AQUOS ZETA SH-01Hのみが300MbpsのPREMIUM 4Gに対応している状況です。
いち早く高速なPREMIUM 4Gを体感してみたいという方にはおすすめのスマホになります。

◇本体価格

93,312円(3,888円/月×24回)
AQUOS ZETA SH-01Hの詳細

屋外での作業中に使う方におすすめのスマホ arrows NX F-02H

◇主なスペック

メーカー:富士通株式会社
サイズ: 約154mm×約75mm×約7.9mm
重さ: 167g
OS: Android5.1
CPU: Qualcomm MSM8992 ヘキサコア1.8GHz(デュアルコア)+ 1.4GHz(クアッドコア)
メモリ(RAM): 3GB
メモリ(ROM): 32GB
外部メモリ: microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/200GB)
ディスプレイ: 約5.4インチIPS-NEO
ディスプレイ解像度:WQHD:1440×2560
アウトカメラ: 約2150万画素 CMOS
インカメラ: 約240万画素 CMOS
バッテリー容量: 3390mAh

◇おすすめポイント

このスマホの特徴として米国国防総省の調達基準「MIL-STD -810G」の14項目「落下、浸漬、粉塵、塩水噴霧、湿度、太陽光照射、振動、風雨、高温動作(60℃固定)、高温保管(70℃固定)、低温動作(-20℃固定)、低温保管(-30℃固定)、低圧保管、低圧動作」に準拠した試験をクリアしているため、過酷な条件でも使用することが可能であるという部分があげられます。
そのため、屋外で利用する機会が多いという方でも安心です。

◇本体価格

92,016円(3,834円/月×24回)
arrows NX F-02Hの詳細

アウトドアでバリバリ使いたい方におすすめのスマホ Galaxy Active neo SC-01H

◇主なスペック

メーカー:サムスン電子株式会社
サイズ: 約133mm×約70mm×約10.5mm
重さ: 154g
OS: Android5.1
CPU: MSM8916 1.2GHz クアッドコアCPU
メモリ(RAM): 2GB
メモリ(ROM): 16GB
外部メモリ: microSD/microSDHCTM/microSDXCTM(最大128GB)
ディスプレイ: 約4.5インチTFT
ディスプレイ解像度:WVGA:480×800
アウトカメラ: 約800万画素 CMOS
インカメラ: 約200万画素 CMOS
バッテリー容量:2200mAh

◇おすすめポイント

米国国防総省の調達基準「MIL-STD -810G」の14項目の他、メーカー独自の落下試験を行っているため堅牢性は抜群です。
また、手袋をしたままでの操作が可能な好感度タッチパネルの採用や、アプリの起動が可能なハードキーも搭載されているため、ウィンタースポーツに持ち出すには最適なスマホです。

◇本体価格

58,968円(2,457円/月×24回)
Galaxy Active neo SC-01Hの詳細

ディズニー好きなあなたにおすすめのスマホ Disney Mobile on docomo DM-01H

◇主なスペック

メーカー:シャープ株式会社
サイズ: 約126mm×約66mm×約8.9mm
重さ: 120g台(検証中)
OS: Android5.1
CPU: MSM8992 /ヘキサコア1.8GHz(デュアル)+1.4GHz(クアッド)
メモリ(RAM): 3GB
メモリ(ROM): 16GB
外部メモリ:microSDXC(200GB)
ディスプレイ: 約4.7インチ(1,080×1,920ドット フルHD)IGZO
ディスプレイ解像度:フルHD:1080×1920
アウトカメラ: 約1310万画素 CMOS
インカメラ: 約500万画素 CMOS
バッテリー容量: 2810mAh

◇おすすめポイント

ディズニー好きにはおなじみのディズニーモバイル。
ディズニーの名作アニメを観ることができるDisneyシネマなどディズニーモバイルのユーザーが限定で利用できるコンテンツもたくさんあります。
スペック的に見てもヘキサコアCPUや3GBメモリを搭載しており、不足を感じることはないでしょう。

◇本体価格

83,592円(3,483円/月×24回)
Disney Mobile on docomo DM-01Hの詳細

まとめ

ここまで、用途別におすすめのスマホを紹介してきましたが、いかがでしょうか。
最近のスマホはどれも高性能化してきているため、性能面で不足を感じる場面は少ないと言えるでしょう。
しかし機種によって特化している部分が異なるため、用途に応じて最も適した機種を選択しておくことで、快適に長い間使い続けることができますので早期に機種変更をする無駄を回避することができます。
これからNTTdocomoのスマホの購入を検討している方はここで紹介した内容を参考に賢い選択をしていただけたらと思います。

関連記事

スマホ選びにお悩みの方必見!皆がおすすめするスマホ5選
【3キャリア合同】皆がおすすめする人気スマホを大紹介
スマートフォン人気ランキング!登場順にカテゴライズ!
スマホ人気ランキングに激震!急上昇の大注目機種3選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧