Android

【完全保存版】2015年春のスマホ人気ランキングはこれだ!

dates-595062_1280
最新機種の人気ランキングが、2015年4月版として更新されています。
4月は進学や、就職など変化をもたらす月なので、新しくスマホを購入する人が増える時期です。そこで携帯会社も販売促進に力を入れています。
今回はアンドロイドナビのスマホランキングを元に、人気スマホについて調査してみました。
人気スマホとしては、大三キャリア以外の製品の格安スマホもランクインしていました。
普段店頭でなかなか見かけることの無い機種なので、是非参考にしてください。

ワイモバイル『DIGNO C 404KC』

ワイモバイルから発売されている、京セラ製品の格安スマホです。
本体価格は31,104円で、機種変更の時にもこの費用は適用されます。
しかしMNPによる契約時は0円で購入可能になります。
耐久性が高く、防水機能もついているので、うっかり落としてしまっても、問題無しのスマホとして売り出しています。
また京セラ製品と言えば、操作方法が簡単なことでも有名ですが、今回のモデルも同様に年配の方でも利用できるように簡単に操作できる機種となって登場しました。
余分な機能はほとんどついていないのでガラケー感覚で利用する方には最適なスマホとなっています。
カメラは500万画素にして高性能で、フルハイビジョン動画撮影可能です。テレビへ接続して見たとしても、画質が粗くなることも無く、綺麗なまま楽しめます。
撮影環境の明暗の差を自動で認識して白飛び・黒つぶれを防いでくれるので、屋外での撮影時も特別な設定無しに綺麗に撮影できることも、この機種の特徴です。
最近では当たり前のようになっている、手振れ補正ももちろん対応していますので、移動しながらでも、手振れせずに綺麗に撮影することが可能です。また撮影した写真を自動で、綺麗に補正してくれるの機能もあったりと、カメラ機能の内容が充実しています。
ここで簡単にスペック情報です。
・OS:Android 4.4
・大きさ:高さ 約144mm、幅 約73mm、厚さ 約10.8mm
・質量:146g
・連続待受時間:最大約880時間
・連続通話時間:不明
・メインディスプレイ:約5インチ
・外部メモリー最大容量:microSDHC(32GB)
※別途購入が必要です。
・メインカメラ:約500万画素
・おサイフケータイ:利用不可
・ワンセグ:利用不可
・赤外線通信:利用不可
・防水機能:対応
・デザリング:対応

ソフトバンク『DIGNO® U』

またまた登場しました、京セラ商品です。スマホ初心者でも、利用しやすいのでしょうね。
この商品も防水機能付きの、耐久性のあるスマホとなっています。
スマホは手からすべって落としやすいので、ほとんどの利用者がフとした瞬間に落とされていることでしょう。
次回機種変更時の、下取りに出す時に確認されるポイントとして、傷や汚れが一番問題視されるので、衝撃に強いモデルは安心して使えますよね。
この商品はブラックのみの、1色展開です。その為、色的な好みにより、購入を避ける人もいるかもしれません。しかしブラックのデザインは、格安携帯でも安っぽさを感じないので、オススメです。
ディスプレイには、強化ガラスを使用しているので、踏まれた場合でも割れる心配を軽減しています。この強化ガラスの耐久性は、米国おすみつきのようです。
スペック情報を紹介します。
・OS:Android 4.4
・大きさ:高さ 約144mm、幅 約73mm、厚さ 約10.8mm
・質量:146g
・連続待受時間:最大約880時間
・連続通話時間:約1,290分
・メインディスプレイ:約5インチ
・外部メモリー最大容量:microSDHC(32GB)
※別途購入が必要です。
・メインカメラ:約500万画素
・おサイフケータイ:利用不可
・ワンセグ:利用不可
・赤外線通信:利用不可
・防水機能:対応
・デザリング:対応
こうやってスペックを見ると、ワイモバイルから販売されている、『DIGNO C 404KC』と同じですね。。。
どちらかの購入を希望する場合は、スペックがほとんど変わらないので、外観や販売会社的な好みで考えて、選択すると良いでしょう。

ワイモバイル『Spray 402LG』

本体カラーは、白・ピンク・黒の三色展開です。
本体価格は新規契約・機種変更ともに33,696円からで、MNPの場合であれば2,592円と格安携帯としては、少し割高となっています。
本体がコンパクトサイズなので、操作もしやすく、ポケットに入れやすいスマホです。
このモデル最大の魅力は、購入時に予備用のバッテリーが付属されています。
そして充電をするときは、バッテリーのみでも充電可能なので、持ち運べる携帯用充電器が不要になります。スマホユーザーとして、この配慮は大きなメリットですよね。
またスマホの割引プランを適用することで、月額料も2,980円と大変お得に利用できることでも人気を集めているようです。
スペック情報を紹介します。
・OS:Android 4.4
・大きさ:高さ 約128mm、幅 約66mm、厚さ 約11mm
・質量:143g
・連続待受時間:最大約520時間
・連続通話時間:不明
・メインディスプレイ:約4.5インチ
・外部メモリー最大容量:microSDHC(32GB)
※別途購入が必要です。
・メインカメラ:約800万画素
・おサイフケータイ:利用不可
・ワンセグ:利用不可
・赤外線通信:利用不可
・防水機能:無し
・デザリング:対応

最後に

今回は3種類のスマホを紹介しました。3大キャリア顔負けの、ワイモバイル製品はなかなか魅力的ですね。
ソフトバンクショップよりも増えつつある、ワイモバイルショップなので、さほど店舗を探すことに困難では無いように感じます。
一度ワイモバイルへも、スマホ見学に行かれてみてはいかがでしょうか?

関連記事

次は何にする?今話題になっている人気スマホ20選
無駄なお金は払わない!みんなが選んでる低価格スマホ4選
安定の人気!パナソニックのスマートフォン機能5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧