iPhone

【スマホを新しくしたら】キャリア別、電話帳の移行方法まとめ

C789_keitainotepen500
現在の携帯電話会社のサービスにMNPというサービスがあります。このサービスのおかげで携帯を変えるときに携帯会社ごと変える人も多いのではないでしょうか。
そうすることにより、お得になる得点も多いですし、キャリアのアドレスを使用している人は少なくなっているので電話番号さえ変っていなければ面倒なことも少ないと思います。
しかし、携帯電話に入っている大事な情報「電話帳」。これを新しい携帯に移行するのはどうすればよいのでしょうか。

◎電話帳お預かりサービス◎

携帯電話会社のサービスに電話帳のデータを保存してくれるサービスがあります。このサービスを利用すれば、機種変更の際はもちろん携帯電話を紛失した際や水没したときなどにも活用できます。
(auアドレス帳)キャリア:au
EZwebを利用していれば無料で利用できます。
(ケータイデータお預かりサービス)キャリア:docomo
スマートフォンでspサービスに加入していれば無料
(S!電話帳バックアップ)キャリア:ソフトバンク
月額使用料100円
ソフトバンクの場合、加入するサービスの条件がない分実質無料と言っても良いでしょう。
このように便利なサービスもありますので自分がこのサービスに加入しているか確認しておくのもいざって時に役立つのではないでしょうか。
こういったサービスに加入していなくても自分で管理をすることも出来ます。自分自身で携帯電話のデータを管理する方法がいくつかあります。

◎Androidのスマートフォンのバックアップ◎

Androidのスマートフォンのバックアップの方法は主に「SDカード」を使用して行います。
キャリアによって操作方法は少し違うかもしれませんが端末に挿し込んであるSDカードに電話帳を移行する「SDカードにエクスポート」を電話帳のメニューボタンから選択すれば基本的に大丈夫だと思います。
新しく機種変更した端末にSDカードを差し込んで読み込めば新しい端末に電話帳を移行することが出来ます。

◎クラウドサービスの利用◎

これもキャリアによっては、クラウドサービスにより電話帳のバックアップのサービスが使用できます。
docomoの場合は、「ドコモバックアップ」にデータを送り、クラウド上に保存できます。
auの場合は、連絡先に入っている内容を「FriendsNote」に保存・同期することができます。
ソフトバンクでは、クラウドを使ったAndroidからAndroidへの電話帳の移行はありませんが、Gmailの連絡先のデータは電話帳のデータとは別にクラウドで管理されているのでバックアップは基本的に必要ありません。

◎AndroidからiPhoneへの移行◎

アプリをダウンロードすることにより電話帳の移行が出来ます。
「JSバックアップ」というアプリをダウンロードします。このアプリでは電話帳のQRコードを作成することにより電話帳を移行する方法です。iPhoneにも「JSバックアップ」をダウンロードしてQRコードを読み込めば電話帳の移行が簡単に出来ます。

◎iPhoneからiPhoneへの移行◎

iTuneにiPhoneを同期させて毎日バックアップをするのを習慣にすればiPhoneの中の電話帳だけでなくいろいろなデータを守ってくれます。
画像や音楽なども預けることができるので電話帳を移行するのも簡単に出来ます。

◎ガラケーの場合◎

SDカードに電話帳を全て移行します。SDカードのデータをパソコンで読み込みファイルを取り出します。Gmailにログインして取り出したファイルをインポートします。ここで重複している点がないかチェックしておくと良いです。
iPhoneはGoogleアカウントの電話帳を連絡先アプリに同期できるとっても便利な機能があります。
設定のアプリから「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウント追加」→「Google」と選択して、名前とアドレス・アカウントを入力します。その後に出てくるアプリ連携の設定画面で「連絡先」をオンにします。これだけでiPhoneに連絡先をコピーすることができます。
同じキャリアの携帯電話で機種変を行う場合は、電話帳の移行の方法はいろいろとありますが、キャリアのサービスに入っていれば機種変更のときだけでなく役立つときがあると思います。
日常でスマートフォンを水没させてしまった場合に連絡先が全て分からなくなってしまえば大変です。自分がこのサービスに入っているのか確認しておけば、もし水没して携帯が復旧しなかった場合も慌てずにすみます。
MNPサービスや乗換えによる割り引きで端末を変えて電話帳の移行をする場合も見込んで、それと同時にパソコンを持っているのであればパソコンにも自分の使っているスマートフォンのデータをコピーしておけば電話帳だけでなく画像や音楽なども共有することができます。
またGoogleのアカウントも作っておけば携帯会社ごと変える場合も使えますし、電話帳の移行をするときもとても役に立ちます。
クラウドサービスもキャリアによって様々ですので自分が使っているキャリアの方法を確認していざって時に慌てずにすむように対応しておくのも大事なのではないでしょうか。

まとめ

Friends
スマートフォンは、とても便利ですし私達の生活になくてはならないものになりました。
電話帳は大切な個人情報ですし守らなければなりません。そして電話帳がなくなってしまえば連絡を取ることも出来ずに困る相手も多いと思います。
移行する際の便利さはありますが、電話帳のデータそのものを守る方法を考えてみるのも良いかも知れません。
電話帳の移行の方法さまざまですがうっかり間違って連絡先を削除してしまわぬように確認しながら作業して大切な電話帳を新しい携帯に移行させましょう。

関連記事

ソフトバンクのAndroidにMNP後データ移行する方法
ソフトバンクオンラインショップ 機種変更の手順3ステップを解説!
iPhone6の機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧